ratoblo

色々書いていきます

MENU

【ダイエット】ジムに通っているけど痩せないのには理由がある。

「ダイエットしよう!」と決意して、「ジムに行こう!」と考える人は結構多いと思います。

私の周りにも数人、ダイエット目的でジム通いをした人がいます。半数は成功し、半数は失敗しました。

その成功例と失敗例を元に、私の考えを含めて【ジムに行くのに痩せない理由】を書いていこうと思います。また、ジムを経営している知人から聞いた話なども織り交ぜて書いていきます。

SPONSORED LINK

 

 

ジムに行くのに痩せない

f:id:ratoblo:20171129230336j:plain

『なんでだーー!!!!ジムに通っているのに痩せないっ!!!!毎月のジム代も高いし、もう辞めようかな?』

こんな風に思っている人、辞めるのはまだ早いです。

ジムほど、ダイエットに向いた空間はありません。

  • 周りを見れば、同じく痩せようと必死に頑張っている仲間
  • 周りを見れば、すでに素敵なスタイルを持ち、それをキープしようと頑張る先輩
  • 周りを見れば、痩せたい人をサポートしてくれる専門知識のあるスタッフ

仲間は「負けないぞ!」と奮起させてくれ、先輩は「ああなりたい!」とモチベーションを高めてくれ、スタッフは「頑張れ!」と専門的にサポートしてくれます。

 

それなのに痩せないのには、やっぱり原因があります。

色々な例を挙げていきますね。

 

活用できていない。

まず挙げられるのが、ジムを活用できていない事です。

先ほど書いたように、ジムはダイエットに向いた空間です。仲間・先輩・専門家(スタッフ)と環境的には最高です。

ただ、これを活用できていないともったいない!!!

仲間

f:id:ratoblo:20171130011433j:plain

仲間と言っても、別に知らない人と話す必要はありません。同じ曜日の同じ時間に行くのであれば大体同じような顔ぶれがいるはずです。その人達の体系の変化を観察できるのもジムの環境のなせる業!

仲間のうち、瘠せてきた人がいれば『私も頑張らないと!』と奮起できます。逆に、全然痩せていない(逆に太った)人がいれば『ふっw』と優越感に浸れます。

言い方は悪いですが、上を見る事も下を見る事もできます。

 

先輩

f:id:ratoblo:20171130011445j:plain

凄くスタイルが良くて、ダイエットなんて必要無さそうに見える人もジムにはいます。そのような人は、たいていの場合がスタイル維持もしくは納得いかない細かい場所を集中的にやっている場合ですね。

そのような人は美意識が高く、行動力のある方が多いので、ジムにいる時間に効率良く動く事が出来ています。

一連の動きを見て、マネできる所があればマネしましょう。

専門家(スタッフ)

f:id:ratoblo:20171130011518j:plain

インストラクターは、ダイエットを目指す人それぞれに合った運動などを教えてくれる存在です

が、

現実はそう上手くいきません。

1:1でできるパーソナルトレーナーのように、担当がつきっきりで見ていてくれるのであればいいです。

でも、普通のジムでは放置される事も多いようです。

※ジムを経営している知人は一人で小さくやっているので目が届かないと嘆いていました。

ジムは儲けを出さなくてはいけません。その為、人件費を抑えています。

会員とスタッフの比率が良くないんですね。

その為、痩せたくてジムに来てはいるけど「何していいか分からない」といった状況の人も多くいます。

 

また、「ダイエットを目指す人それぞれに合った運動などを教えてくれる存在」のスタッフにも、やる気のある人やる気のない人がいます。どの業種でもそうですが、人により知識の差もかなり大きいと聞きます。

これを見極めるには、質問をしてみてそれへの回答の熱量で分かります。いいスタッフは回答が明確です。
やる気のないスタッフはマニュアル通りの回答しか期待できません。悪く言えばテキトウなんですね。

 

ではどうすればいいか?

 

積極的に質問するしかないんです!

スタッフから声をかけてもらうのは難しいと思った方がいいです。自分から声をかけたり質問して、顔を覚えてもらうくらいは最低した方がいい(お得)です。個人的な情報まで把握してもらえれば万々歳!

せっかく高いお金払うんですから、お得に利用しないと損です。

 

質問する時のポイントとしては

  1. 自分のダイエット経緯(どのくらいの期間で、どのくらい痩せたか等)
  2. 今の悩み(痩せなくなったとか、ここを痩せたいとか〔部分やせはできます〕等)
  3. 今後どのような方向でやっていけばいいのか?(筋トレメインか有酸素運動メインか食事はどうしていいのか等)
  4. 今日、自分は何をすべきか?

大事なのは4の「今日、自分は何をすべきか?」です。訳分からずやっても効果は出ませんので、明確なメニューが聞けたら一番いいですね。

その明確なメニューを決めるのに1~3の情報が最低限必要という訳です。

 

苦手な人もいるでしょうが、声をかける勇気も大切ですよ。

f:id:ratoblo:20171129230310j:plain

※スタッフに信じられる人がいなければそこは早めに辞めた方がいいです。運動なら一人で家ででもできます。専門的なアドバイスがもらえなければジムの意味がありません。

 

頻度と時間

毎日の仕事や家の事がある中、ジムに行く時間を確保するのはなかなか大変だと思います。そんな中、隙間時間を見つけて運動するその気持ち、素晴らしいと思います。

が、

気持ちと現実は必ずしも一致しません。

「痩せたい!痩せたい!痩せたい!痩せたい!」と強く思っていても、運動の時間が少なく・内容が良くなければ痩せません...。

なるべく高頻度にジムに行き、長い時間(2時間くらい)運動する事が大切です。

難しいんだけどね...。

 

週3回最低1時間半(運動時間だけ)は欲しい所ですね。

頻度が減るのであれば、時間を延ばすか、時間が短くなるのであれば週1回くらいは集中的に長くできる時間を確保する。きちんとはできなくても、トータルでうまくバランスを取ってください。

じゃないと、もったいないです。

週2回1時間未満のジム通いで痩せる事もできます。が、食事コントロールは必ず必要ですし、その2回の運動はが良くなければいけません。普通の人が自分でやろうとしても無理です。専門のトレーナーによるマンツーマントレーニングでしか難しいので、料金が高くなります。
高くてもやっぱり結果にはコミットしますけどね。

 

内容

ジムでの運動、何をやっていますか?

マシーントレーニング?スタジオトレーニング?エアロバイク?ランニングマシーン?水泳?

 

基本的に、重視すべきはマシーントレーニングです。マシーンでなくても、筋トレが大事!筋トレが大事!

大事なことなので2回書きました。

f:id:ratoblo:20171130011632j:plain

どんな運動をするにも、筋力が必要です。筋力が無い状態で色々なトレーニングをしても、同じ動きを楽に動こうとしてしまいます。動きに慣れて、楽な動きを覚えてしまうんです。動きの効率が良くなってしまうんです

効率がいいと言えば、一見よさそうなんですが、ダイエットですよ?トレーニングですよ?

燃やさないと!!!!!

f:id:ratoblo:20171129234505j:plain

車で言えば、プリウスの動きになってはダメです!燃費が最悪な外車の動きになりましょう!!

f:id:ratoblo:20171129235416j:plain

筋力が付いてから、他のトレーニングを正しい動きをしっかり意識しながらするのが最適!(筋トレさえしていれば、同時にスタジオトレーニングしてもいいんですよ。楽しく運動するのが一番!)

キツイけど、筋トレはしてください。特に腹筋と太もも大事です。

SPONSORED LINK

 

食事

f:id:ratoblo:20171130011756j:plain

これ、大事です。ダイエットの基本が食事と運動なのはもう周知の事実です。

でも、守れていない!

頑張ったご褒美精神がいけない!!!

近所に行きつけのから揚げ屋さんがあって、その隣にカーブス(女性専用健康体操)があるのですが、カーブスでの運動の帰りにいつも、から揚げ弁当ご飯大盛りを買って帰るおばちゃんがいるらしいんですw
「今日も頑張ったわ―!痩せなさいってお医者さんに言われているから頑張らなくちゃ!」って言いながらw

そこのから揚げ弁当、確かに超美味しいんですよ!

運動後のタンパク質補給も大事!(からあげ)

でも、ご飯大盛りはいかんっっ!!!!

f:id:ratoblo:20171130012050j:plain

皆さんはどうですか?ジムの帰りにアイス食べちゃっていません?毎日のようにお菓子食べていません?

このご褒美精神がいかん!!

ご褒美の糖質は太りますよー!!!意味ないよー!!

 

継続

ダイエットは一日にして成らず。

痩せない日々が続く事はよくあります。停滞期ってやつです。

この期間でやる気を失う人が多くいます!!

継続は力なり!

継続で痩せます!

頑張って続けてください。

※停滞期にすべき事は人によって変わるので、あなたの事を知っているスタッフに相談してください。やみくもは効率が悪いです。(それでも頑張れば痩せます)

 

勘違い

先ほど、『筋トレが大事』と書きましたが、

「筋肉で太くなるのは嫌だ」と思う女性が多く、筋トレをしたがらないんですね。

勘違いしないで下さい。

そう簡単に太くなりません!!!

男性でも簡単ではありません。

女性であれば尚更太くなりにくいです。

この写真を見てください。↓

f:id:ratoblo:20171130002036j:plain

自分の全体重を腕だけで支えています。

ここまでできるのに、その腕は細いですよね?

痩せたい=スタイルを良くしたい

だと思いますが、スタイルを良くするのに筋肉は必要です!!!

 

確かに、体質の関係で筋肉が太くなりやすい人もいます。

そうそういないですが、もしも筋肉のついた腕が嫌であればそこのトレーニングをしなければすぐに細くなります。(キレイなオネェとか、体は男なのに細いですよね。)

筋肉は脂肪と違って頑張らなければ細くなりますから。

だから、安心して筋トレしてください!

f:id:ratoblo:20171130002536j:plain

 

カロリー

カロリー足りています?

カロリーって、体を動かすために使うエネルギーの事です。

勘違いされがちなのが、カロリーを制限すれば痩せるという事。

あれ、大ウソですからね。

f:id:ratoblo:20171130010208j:plain

カロリー制限なんてしても痩せません。

f:id:ratoblo:20171130004952j:plain

むしろ、体にエネルギーが無いと効率よく痩せる事はできません。

太るのは糖質ですからね!体脂肪になる唯一の物は糖質です。

カロリーを何で摂取するかが重要!!!

 

三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質。

このうち、炭水化物は糖質と食物繊維が合わさったものを指します。

(この記事に詳しく書いています。カロリーが足りない場合の事も書いています。)

www.ratoblo.com

その為、タンパク質・脂質・食物繊維を主体とした食事でカロリーを摂取する事が重要です。

ただ、完全に糖質を0にするのは難しいですし、糖質はカロリーを摂取するのに手軽な栄養です。糖質以外だけでカロリーを摂取するのは難しいので、糖質は適度に摂ってもいいと思います。適度にですからね。

 

まとめ

f:id:ratoblo:20171130012323j:plain

  • ジムの環境を最大限活用しよう
  • ジムに行く頻度と運動の時間を意識しよう
  • 運動の内容見直そう
  • ご褒美はいかん!!
  • 継続しよう
  • カロリーを摂ろう
  • 筋トレが大事

 

最後に

以上を意識して、頑張って続けてください!

私の知る、成功した人と失敗した人の違いはこれが出来ているかどうかの差が大きかったようです。

頑張れば必ず返ってくるのがダイエットです!!

私も90キロから64キロまで痩せました!!!(約2年間で)

f:id:ratoblo:20171130010915j:plain

※その後4年間維持していましたが、去年大ケガで手術までした影響でちょっとリバウンドしちゃいました。
でも、現在は軽いダイエットしていて徐々に戻って来ている最中。

 

「頑張ってください!」じゃなくて、「一緒に頑張りましょう!」ですね!

f:id:ratoblo:20171130011243j:plain

自分を信じて頑張りましょう!