ratoblo

色々書いていきます

MENU

検索結果で上位に表示されている記事には責任があると思う。

自分のブログやサイトに記事を書いている人で、PV数を伸ばしたいと思っている人は『検索上位表示』を目指していると思います。

検索上位に表示させる為にする事は『SEO対策(エスイーオー対策)』と呼ばれ、様々なサイトや書籍でその方法が紹介されています。
※SEOとは、”Search Engine Optimization”の略で、検索エンジン最適化を意味します。

 

f:id:ratoblo:20171101001034j:plain

グーグルやヤフーで検索する時って、『何かを知りたいから』検索する訳ですよね。

日々、検索エンジンも高性能化しており目的の記述があるページを、なるべく早く見つけられるようになっては来ていますが、まだ完ぺきとは言えません。

 

検索で上位に来る記事には大きく分けて2つのタイプがあると思います。

  1. 内容が素晴らしい記事
    →検索される単語を意識してその内容にあったタイトルを付けている。SEO対策はもちろんされている。
  2. SEO対策だけが見事な記事
    →簡単に言うと『釣りタイトル』で、検索されやすそうなタイトルを付けて、内容は全く伴っていない。文字数は多いのでキーワードは多い。

今回言いたいのは、2の『SEO対策だけが見事な記事』に関してです。

 

今日、ある事で困り、頼みのGOOGLE検索をしました。

検索方法は複数単語を色々変えたりしながら検索したのですが、私の困り事を解決してくれる記事は4ページ目にありました。

その記事は内容が素晴らしくもの凄く丁寧に解説されており、一発で困りごとを解消してくれました!

書いた人ありがとうーーー

その記事にたどり着くまでに読んだ記事は10以上あり、結構な時間を無駄にしました。(その検索で昼休み時間をまるまる使い、昼寝が出来なかったからこの記事を書いている)

無駄に読んだ10以上の記事を、表現は悪いですが『ボツ記事』と呼びます。

ボツ記事は書いてある事がほぼ同じで、タイトルでは私の知りたい事も書いてあるようなニュアンスを出しているのですが内容を読むと全く書いていないんです。しかも、それらボツ記事はSEO対策の為か、異様に文が長いんです!!!

SEO対策の一つで、「文字数を多く書けば多く書くほどキーワードが多くなるので、上位に表示されやすくなる」という考え方があります。(古めの考え方?)

そんなボツ記事でも、

記事のどこかには書いているかも?

と思い、ちゃんと読むじゃないですか。

でも、書かれていない。

f:id:ratoblo:20171031224548j:plain

5000文字以上読んだ私の昼休み時間を返せ!!!!

 

それを10記事以上繰り返すもんだから、イライラしてくるんですよ。

私の検索の仕方が下手なのかもしれないですが、SEOは勉強しているのでそんなに下手な検索はしていないつもりなんですけどね。

検索しても出てこないようなニッチすぎる悩みなのかな?

と思った矢先に、その神記事が出てきたんですよ!

悩みを解消してくれた事への感謝と共に、無駄な時間を過ごさせたボツ記事への怒りもふつふつと。

検索出てくるジャン!ボツ記事のせいで神記事が下位になりすぎている!

 

 

いい記事かどうかの判定に、記事での『滞在時間』も考慮されるんです。

滞在時間が長ければGOOGLEは「ちゃんと読まれている記事なんだな!」と判断し、短ければ「大したこと無い記事なんだな!」と判断します。

これも検索結果の順位付けの一つの指標と言われているんですが、

ボツ記事も滞在時間長いんです。

だって、文が長いんだもん。

神記事は、簡潔にまとめられているので大体500~800文字位だったんです。

滞在時間短いんです。

もう一つ、順位付けの指標を言うと、『直帰率』も考慮されます。

1つの記事を読んだ後で、そのサイトやブログ内の他の記事を読むかどうかなんですが、ボツ記事は当たり前に直帰ですよ!戻るボタンを強めに押します!

でも、神記事も直帰なんです。

悩みが解決したから。

 

と言う事で、神記事が上位に表示される要素がなかなか無いんです。

f:id:ratoblo:20171030224528j:plain

 

神記事はそのままでいいと思います。無駄な文を省いた丁寧な記事の構成。タイトルと内容が完全に一致している事も素晴らしいです。

 

問題はボツ記事側ですよね。

内容もよくないし、タイトルは釣りだし、そういう記事に限って

オーバーレイ広告を貼って誤クリックを誘う魂胆が見え見えなんです。

オーバーレイ広告とは、画面に重ねて表示される広告の事です。

ユーチューブとかでもよく出ますよね。

こんな感じで↓

f:id:ratoblo:20171031232831j:plain

ユーチューブの場合はスクロールしないからただ邪魔なだけなんですが、スマホで記事を読んでいる時にこの広告が出てきたら、間違ってクリックする事があるんですよ!間違ってクリックすると、その広告のページに飛ばされるからイラッとする。

f:id:ratoblo:20171031233256j:plain

検索でも『うざい』『消し方』とかで検索されており、嫌いな人が多い広告です。

私もブログに広告は貼りますが、オーバーレイ広告は使わないようにしています。(自分が嫌いだから)

まぁ、記事が良ければどんな風に広告が貼られていようが構いませんけど。

 

タイトルにも書いたとおり、上位表示される記事には責任があると思います。

何でか分らないけど上位に表示されている場合は仕方ないけど、キーワードを選定して、狙って上位に表示させているのであれば、その記事の質をしっかりと保たなければいけないと思います。

でなければ、検索する人が求める情報に辿り着くのが極めて困難になります。

 

私も、ブログをボチボチ続けてきているので検索上位に表示されている記事もあります。(ニッチなワードですから、アクセスは少ないです)

でもちょっと、タイトルと内容に違いがある記事に気づきました。

これでは、ボツ記事と同じじゃないか!

f:id:ratoblo:20171031234748j:plain

これではダメですね。

検索上位狙うなら、責任を果たそう。
自分!

 

内容修正を誓った一日でした。 
明日から、過去記事の内容修正と繋がる追加記事の作成もしていこうと思います。

 

ちなみに、『ratoblo』と検索すると画像まで独占していて気持ちが良かったw

エゴサーチってやつです。

f:id:ratoblo:20171101000137j:plain
ブログ内で使った画像

f:id:ratoblo:20171101000150j:plain

こんな単語で検索するのは私くらいなものですがw

 

 

~今回の内容とは違いますが、こんな記事も書いていますので興味があれば読んでみてください~