ratoblo

色々書いていきます

MENU

【Doleのバナナ:極選】の美味しさの秘密は、エロスにあった。

『ちょっと高いが、かなり美味しい。』
このキャッチコピーに惹かれて私も、今更で恥ずかしながら極選デビューを果たしました。買って、生で見て、むいて、食べて、そうして分った事は...
極選の美味しさの秘密にはエロスがあるという事。

 f:id:ratoblo:20170815024220j:plain画像:公式ホームページ内CM動画より一部編集。

ここから先、バナナのレビュー記事ではあるが、少しばかり(?)エロスな表現を利用しているため、その手の表現が苦手な人は戻るボタンで戻って下さい。もしくは、真面目な過去記事にでも目を通してもらえるといいと思います。 


↑この記事にA.TARUIさんからいただいたブクマのコメントが秀逸すぎます。

 

極選バナナ

前々から気にはなっていたけど、あまりフルーツとやらを食べないし、どこまで美味しいのか不明だったから買わなかったんだけど何か気が向いて買ってしまった。ちなみに、近所のスーパーで広告の品だったのもある。

f:id:ratoblo:20170815010336j:plain

パッケージは黒との基本的な色が主体で、漆塗りの朱色が目立つように配色されており、高級感を感じさせるデザインとなっている。

いい?開けるよ?

f:id:ratoblo:20170815010920j:plain

見事な曲線だ。

人は本能的に、曲線にエロスを感じる生き物だと聞く。
男性の筋肉の隆起、女性の体の一部の膨らみ。それにエロスを感じるのと同様に、物にも見事な曲線にはエロスが宿る。フェラーリの真っ赤なボディーと同様に、このバナナにもそんな魅力的な曲線を感じる。

 

一本だけ、ちぎるよ?

 

メリメリっ

f:id:ratoblo:20170815011800j:plain

程良い。

ちぎる際の抵抗感が実に程良い。しっかりした弾力はあるのに、私の邪魔はしない。こいつはできたバナナだ。変に抵抗されたら萎えてしまい、食べる気が失せるというもの。

 

大きさも程良い。

f:id:ratoblo:20170815012526j:plain

 ティッシュとバナナの比較は中高生の男子にはよくある事。

大きすぎるとお腹に入りきらないし、小さいと物足りない。これくらいが調度いい。

 

せっかくちょっと高価なバナナを買ったんだから、じっくりと観察しよう。

f:id:ratoblo:20170815013039j:plain

やっぱり見事な曲線だ。特にヘタの左側にある曲線なんて...。

色々な角度から見ていて、気づいてしまった...。
見る角度によって男性的な魅力を感じる角度があれば、女性的な魅力を感じる角度もある事に。

f:id:ratoblo:20170815013345j:plain

男性的な魅力にあふれた角度。

f:id:ratoblo:20170815013610j:plain

こっちは女性的な魅力を感じる。

 

この差は、やはりその見た目から暗示するものがあるからだろうか。

バナナとは男性のソレを暗に示す言葉として使われる事が多々ある。だが、角度によっては女性的な魅力を感じる事もある為、安易な言葉の使い方だと思う。

 

バナナは眺めて楽しむだけのものでは無い。食べる。そのためには剥こう。

指をゆっくりと入れ、指先に少し引っかかった感覚がある。そこから更にゆ~っくりと剥いていく。
ほんの少し剥いただけなのに糸を引きやがる。困ったバナナだ。

f:id:ratoblo:20170815014730j:plain

トローっとした糸はもう少し剥くまで続いた。なんて丈夫なんだ。糸を引くほどのバナナにお目にかかったのは初めてだ...。

 

スーッと優しく、這うように剥いていくと、白い肌が見えてきた。

f:id:ratoblo:20170815015320j:plain

浅黒い私の肌とは違い、純白なその肌はけがれを知らず、ただ純粋に私に食べられがっているように見える。

もっと剥いちゃうよ?

f:id:ratoblo:20170815015959j:plain

剥いている時からこのバナナはどっしりと構えており、折れてしまう心配が全く無かった。硬さと弾力のバランスが良いのは、この段階から分かる。

剥ききった所で、また急に豹変しやがった。
やっぱりバナナとはあれを暗示する言葉で間違ってはいない。と訂正しよう。

f:id:ratoblo:20170815020313j:plain

裏筋もしっかりしている。
食物繊維が豊富なんでしょうね。

SPONSORED LINK

 

 

さぁ、ここまで来たら後は食べるのみ。

30過ぎたおっさんがバナナを食べる姿なんて、誰からの需要も無いのは分かっている。安心して欲しい。そのような無用な写真は一つも撮っていないから。私にも人並に恥ずかしさを感じる感覚はあるようだ。

 

さぁ、実食。

 

手に持ったバナナを口に近づけると、その距離に比例してバナナの甘美でむせかえるような香りが鼻を突く。その香りだけで唾液が溢れてくる。

そんな香りを嗅がされたら我慢できなくなっちゃうじゃん...。大きく口を開け、甘美な香りの正体を迎え入れる。

ザラザラなような滑らかなような、絶妙な舌触りだ。
噛むと、ねっっとりと歯にまとわりついてくる...。上の歯と下の歯が出会うまで切れる事はない。しっかりとした実だ。
『ねっっとり』という表現がピッタリだろう。

噛み切った部分を奥の方に迎え入れる。奥歯ですりつぶすと、途端にさっき嗅いだのとは比べ物にならないくらいの甘い香りが漂い出す。その香りと同時に、上品な甘さが口の中に広がる。

嗚呼...。美味い。

強烈な甘い香りとは違い、控えめだがしっかりと主張はする。そんな味だ。

香りだけじゃない。味だけじゃない。その2つに『ねっっとり』とした食感が加わる事でエロスを感じる味になるのだ。

これがDoleの本気。極選バナナか。

 

最後の一口を食べようとした時、ポロリしちゃいました。

f:id:ratoblo:20170815023806j:plain

安心してください。食べましたよっ。

 

 

ちなみに、冷凍バナナも好きだから試してみた。
しかし、そこにエロスを感じる事は出来なかった...。

やっぱり生が一番。

画像:amazonリンク