ratoblo

色々書いていきます

MENU

【炭水化物が誤解されていてる】炭水化物抜きダイエットと糖質制限ダイエットに着目して~

事件です。

炭水化物が逮捕されました!!

検察側の言い分では、「炭水化物は太る原因だ!犯人は炭水化物だ!』と。
それに対し炭水化物は「誤解だ!僕は必要な存在だ!」と、冤罪を訴えています。

 

f:id:ratoblo:20170806152326j:plain

世間には様々なダイエット法がありますね。
ロングブレスダイエット・四股踏みダイエット・置き換えダイエット・ヨーグルトダイエット・朝バナナダイエット・断食ダイエット などなど...

その中で、現在でも実践者が多い『炭水化物抜きダイエット』と『糖質制限ダイエット』に着目し、炭水化物についての誤解について書いていきます。

前回の記事

www.ratoblo.com

 ↑ は、本当は今回の記事の導入部分で書いていた内容なんです。ただ、書く事が多くなりすぎたし脱線したので、一つの記事にしました。
今回は本題を書いていきますね。

炭水化物の誤解

今回、炭水化物の逮捕に至ったのは『炭水化物抜きダイエット』実施者が、本人の自覚の有無に関わらずたくさんいる現状というのがあります。炭水化物の代表格はやはりお米です。

太っちゃうからお米は食べないの。

とりあえずでお米を食べないようにしている人が結構多いんですね。

※ちゃんと栄養バランスを調整して『炭水化物抜き』をしている人は当てはまりませんよー。

普通の食事から、お米やパンだけを抜くだけしている人が問題なんです。

炭水化物とは?

そもそも、炭水化物とは単体で存在するものでは無く、

糖質と食物繊維を合わせて炭水化物と呼ばれています。

炭水化物=糖質+食物繊維

食品の裏に栄養成分表示がありますが、炭水化物との表示はあるけど、その割合まではあまり書かれていないんですね。

f:id:ratoblo:20170806140520j:plain

もし、炭水化物10のうち、糖質が9で食物繊維が1なら、それはもう糖質です。
炭水化物と呼ぶよりは交じりっけのある糖質と呼んだ方が正しいです。

f:id:ratoblo:20170806140845j:plain

食物繊維は0.2しかありません。

 

逆に、こんなのもあります。

f:id:ratoblo:20170806140946j:plain

これはもう、食物繊維です。

※ダイエット系の食品(意識高い系食品)にはこんな感じで併記されているものも多いですので、参考にしてみてください。

 

このように、炭水化物でも割合によって色々と変わるので注意が必要です。

 

炭水化物を抜く問題

先ほど書いたように、炭水化物は糖質と食物繊維の合計です。

食物繊維が不足する

食品の裏の成分表を見て、

あ、これ炭水化物が多いから食べるのやめておこう~

となると、食物繊維が摂れなくなります。野菜や他の物でちゃんと食べていれば問題はないのですがそれでも摂取量が少ない人は大勢います。
バーガーショップ等にあるサラダセットの野菜だけで『食物繊維をとった気』になっていませんか?足りません...。

食物繊維には、体の中をキレイにしてくれる効果があります。便通の改善にも役立ちますね。コレステロール・血圧・血糖値にも効果があります。もし、足りていないと、口臭やオナラが臭くなったりもします...。オソロシヤ
老廃物が減るので、体重も増加しますね。

 

カロリー不足

次に、カロリー不足も大きな問題になります。

炭水化物には糖質が含まれているので、当然カロリーは高いです。

カロリーとは熱量の事で、体を動かすためのエネルギーです。とらないと動けません!!カロリーを制限するのは間違いです。カロリーを何でとるかが重要です。

糖質制限の考え方で言うと、糖質が体重を増やす唯一の物です。

私も以前、糖質制限をしていましたが思ったよりもカロリーをとるのが難しかったです。肉や魚を多く食べると食事代もかかるしね。

www.ratoblo.com

そのせいかどうかはっきりは分りませんが、色素性痒疹という厄介な病気にもなりましたし。今は色素性痒疹は完治して、その後遺症である色素沈着と闘っています。特殊な事例ですけどね。

 

カロリーが基礎代謝(動かなくても消費するカロリー)を下回ると、筋肉が分解されて少なくなってしまいます。筋肉が少なくなると、代謝が落ちます痩せにくい体になりますし、筋肉が減った分体を動かすのがきつくなります。最悪です。

体重は減ります。でも、その減った分はほとんどが水分と筋肉です。

 

しかも、食べる量が減ると空腹感で支配されてしまうので限界が来たら爆食しちゃう恐れも...。

急な爆食は血糖値の急激な上昇を引き起こすので、見事なまでにリバウンドします。

 

我慢した意味が、泡となって消え、脂肪として現れます。

 

まとめ

炭水化物が釈放されました!

検察によると、「新犯人が見つかったから釈放した。炭水化物には悪いと思っている。」と、平謝りです。
炭水化物は「誤解が解けて良かった。」と余裕のコメント。さすがです。
新犯人の糖質は「皆、俺の事好きじゃん!甘いお菓子好きでしょ?悪いのは俺じゃなくて食べ過ぎる人だ~!!」と逆切れ状態。確かにそうだけど。

 

簡単に言うと、『太るのには炭水化物が悪いのでは無く糖質の摂りすぎが悪い』って話です。

  • 炭水化物を抜くなら、その分のカロリーは他の物(タンパク質、脂質など)からしっかりとるようにする。
  • 食物繊維は特に意識してとる。
  • 我慢のしすぎはリバウンドのもと。

ただし、カロリー摂取に糖質は最適です。ほどほどには摂取した方がいいです。

 

『炭水化物ではなく、糖質の摂りすぎが悪い』という一文を説明しようとしたらこんなに長くなってしまいました。笑
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!