ratoblo

色々書いていきます

MENU

【少し悲しかった】献血を断られた話。~献血の条件に載って無かったもん~

どうも、ノータです。

 

数日前、そろそろ献血行こうかなーと思い繁華街にある献血センターに行ったのですが、そこでまさかの

献血拒否

にあってしまったんです。

 

f:id:ratoblo:20170607191058j:plain

 24歳くらいから年に2~3回の頻度で行くようにしているんですが、今回が初めての経験でした。

献血へ

その日(カツ丼食べた日)は映画を見ようと予定していて、昼食後から映画の時間まで3時間ほど時間があったので、献血に行きました。

前日に、3時間空くことが分かっていたので「何しようかなー?」と考えていたら「あ、献血行こう!」と思い立った訳なんです。

前日に心配していたこと

5カ月前に『前十字靱帯再建術』という膝の手術をしていたので、献血ができないんじゃないかなー?という心配がありました。

こんな時は「OKグーグル!」です。(便利すぎる)

「献血 できない」で検索!

トップに日本赤十字のページが来るじゃないですか。さすがグーグル様です。

心配性の私。きちんと読みました。

献血ができない人の条件

そのページによると

www.jrc.or.jp

  1. 当日の体調不良、服薬中、発熱等の方 
  2. 出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)を受けた方
  3. 一定期間内に予防接種を受けた方 
  4. 6カ月以内にピアスの穴をあけた方
  5. 6カ月以内にいれずみを入れた方 
  6. 外傷のある方 
  7. 動物または人に咬まれた方
  8. 特定の病気にかかったことのある方
  9. →心臓病・悪性腫瘍・けいれん性疾患・血液疾患・ぜんそく・脳卒中等
  10. 海外旅行者および海外で生活したことがある方 
  11. 輸血歴・臓器移植歴のある方 
  12. エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方
  13. クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の方、またはそれと疑われる方
  14. 妊娠中、授乳中等の方

 以上の13項目に該当する人が、条件次第で献血できないとの事でした。

 手術に関する項目が無かったので、大丈夫だろうとは思いつつも念のために、少しは関係ありそうな2・4・6・11の詳細を熟読しました。

その結果

2(歯科治療)

→処置後3日以上であればOK

4(ピアス) 

→病院でやったのであれば、1か月以上経過後OK

6(外傷)  

→手術の傷は完全に治っているのでOK

11(輸血) 

→輸血していないのでOK

 

なんだ、大丈夫じゃん♪

という結論に至りました。

 

献血センターへ

体調は万全!!体に傷もない!飯も食ったばかり(カツ丼)

さぁ、チクッとやってくれぇーぃ!!!

 

受付を済ませ、問診の機械も終わり、血圧測定と問診の為に医者(Dr)のいる小部屋に入室!!

そこで、衝撃の言葉が。

 

Dr:『手術されたんですね?』

ノータ:『はい。5カ月前にしました』

何か分厚い冊子を見ながら

Dr:『体に人工物入っていますか?』

ノータ:『はい。ピンが入っています』

Dr:『あっ』

Dr:『ここ見てください』

その冊子を私に見せながら

Dr:『体に人工物が入っている場合は、6カ月経過しないと献血はできないんですよ』

ノータ:『...』(衝撃を受けて言葉が出ない)

Dr:『すいません。また1~2ヶ月後によろしくお願いします』

Dr:『すいませんねぇ。わざわざ来ていただいたのに』

ノータ:『...』(ちょっと悲しくて言葉が出ない)

ノータ:『いえいえ、ぜんぜん大丈夫です。たまたま献血しようと思っただけなんで、わざわざなんて、ぜんぜんですよ。逆にすいませんでした。』

 

あれだけ調べたんだから、大丈夫だと思っていたせいで衝撃でした。衝撃のせいと、何も悪くない医者の謝罪でいたたまれなくなって、最後は言葉がおかしい事になっていました。

前日に入念に調べたはずだったが、まさかの載っていない項目があったとは!

他のスタッフからも謝られ、ますますいたたまれない気分の私。

小さくなりながら、そそくさと帰りました。

来月あたりにリベンジ行きたいと思います!

 

日本赤十字さんへ

手術する人、結構多いんだから項目に加えて欲しいです。

もうこれ以上、私のような悲しい経験をする人が出てきませんように。笑

 

 

その日食べたカツ丼で思い立った、皆に言いたいこと。

 

www.ratoblo.com