ratoblo

色々書いていきます

MENU

ぺヤングの変わり種『ぺヤング激辛焼きそば~辛さレベルMAX~』を食べてやったぜ!

どうも、土曜のお昼には冒険心がウズウズしちゃうお年頃のノータです。

今回は『ぺヤング激辛焼きそば~辛さレベルMAX~』を近所のスーパーで98円という素晴らしい値段で買えたので、食べてみました。

ぺヤング激辛焼きそば~辛さレベルMAX~

f:id:ratoblo:20170603180704j:plain

外観

まずパッケージデザインだが、前食べた『ペヤング背脂MAX』とは違いちゃんと食品に使う色だ。赤は食欲を増進させるし、辛さも伝えてくれる。一石二鳥の色。

しかし、、、まがまがしいほどの赤!!この赤は超攻撃的だ。激辛感満載!

辛いのは好きだが、そんなに得意では無い私。一抹の不安を抱きつつも、「まぁ言うほどの辛さじゃぁー無いっしょ」と自分に言い聞かせる。

色以外にも気になる点がいくつかある。

左上にご注目いただきたい。『激辛!』の文字が浮かび上がるように見える!『やきそば』という文字に『激辛!』が重なっているのだ。視覚トリックまで使ってくるとは、よっぽど辛さをアピールしたいらしい。挑戦的だ。

次に、下の方にご注目を

f:id:ratoblo:20170603185418j:plain

『辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の喫食には十分ご注意ください。』

挑発的な注意書きだ。

ぺ「お前、おこちゃまなんだから止めとけよ。笑」

くそぉ!笑われてたまるか!喫食なんてオシャレな言葉まで使いやがって!!絶対に食べきってやるからな!!

*喫食:摂食が、必要だから食べるという意味に対して、喫食は楽しんで食べるという意味がある。(意味分らずググっちゃったじゃねーか!)

 

f:id:ratoblo:20170603182805j:plain

赤いフィルム剥いだらこんなもんですよ。

THE・普通

怖がっていた自分が情けない。

食事は怖がってするもんじゃない。楽しんでするもんだ!

喫食しましょう。

中身

f:id:ratoblo:20170603183213j:plain

  • かやく
  • ソース

あれ?トウガラシ的な小袋は?かやくの中かな?

f:id:ratoblo:20170603183330j:plain

おいおい。ぺヤングさん。

俺をなめてんのかい?普通の具材やないか。入れ忘れたんかのぉ?

まぁいい。それはそれで美味しく普通のペヤングを食べたと思えば。

助かったかも...

お湯を注いだ

f:id:ratoblo:20170603183724j:plain

フタを抑えるティッシュの『絹織』が優しく見える自分がいる。さっきの『激辛!』とのギャップもあるんだろうが、言葉一つでこうも印象が違うのか。安いティッシュだけど、今だけは【鼻セレブ】にも匹敵する優しさを感じるよ。

3分経過

f:id:ratoblo:20170603184050j:plain

お湯を捨てた後の一手間。

麺リフトをして湯気を飛ばすことで、水分量が減りソースが濃くなる。この一手間が大事なんだ。

ソースをかけて気づく

f:id:ratoblo:20170603184235j:plain

あれ?

赤くない?

ここで気づいた。辛さはここに集約していたのか!!!!!

黒く見えたから普通のソースかと思ったけど、赤も濃くなれば黒に近づく。

またもや視覚トリックにやられたぜ!!

混ぜて驚愕

f:id:ratoblo:20170603184429j:plain

ソースはムラ無く混ぜましょう。

うん。赤い!

匂いからして辛いっ!!

大丈夫か....?

実食

箸で丁寧に麺をつかんだ。優しくされれば自分も自然と相手に優しくするもんだ。そう教えられ育った。

麺を口に入れる。

ズズッ

!!!%$#!&)&%”!!!!!

からっっ!!!!!

からっ!!!

辛っ!!!

 

普通、辛い物食べた時って

『バクッ!あれ?これそんなに辛くないですよ?全然たべら...辛っ!!!!!』

みたいに、時間差で来るもんじゃないですか?

これ、速効!!

as soon asですよ!!!!

最初っからずっと辛い!!!なんなら、食べる前の匂いの時点ですでに辛かったもん。

しかも、口の中ってより胃に来る!!

ドッカーン!!!

って。

これ

f:id:ratoblo:20170603191324j:plain

このソースと書かれたもの、多分こっちが『かやく』ですよ。製造工程での印刷ミスかな?

しかも、『火薬』って書いた方が正しい。

でも、大丈夫!こんな時の為に用意していた!!!

f:id:ratoblo:20170603190507j:plain

カルピス!!濃いめ!!!

乳酸菌パワーをなめんなよ!!!

ゴクッ

.

.

辛ぁーーーーい

全然効果なし!!!

カルピスのウソつき!!!!

f:id:ratoblo:20170603190658j:plain

『”チカラ”があります』

無いじゃん!!!!!!!

負けていますよー!!!!

信じたのに...。

カルピス、完敗

カンパイッス。

f:id:ratoblo:20170603190848j:plain

カルピスパワーには頼れないので、後は

己の体を信じるのみ。両親からいただいた体です。

皮膚は弱いし、アレルギー体質だし、太りやすい。そんな体だけど、頑張ればなんだってできるんだ!!!

f:id:ratoblo:20170603191702j:plain

完食!!!

 

無事に食べ終わりましたが、唇・口内・胃はまだまだ辛いまま。一時続きました。。。

分った事

  • パッケージは嘘つかない
  • 成分表はあてにならない(下の写真)
  • ソースが本当の『火薬』
  • 摂食には向かない。喫食が正しい表現。
  • カルピスにチカラはない。辛さにはヨーグルトだったと後で思い出した.

 

【成分表】

f:id:ratoblo:20170603190127j:plain

(香辛料の表記が下の方だから、少ないと思った...)

 

読んでくださりありがとうございました!

↓似たようなのでこんな記事も書いています。

 

www.ratoblo.com

 こんな変な記事書いていますが、よければ読者登録・スター・ハテブなど、してくれた日には喜んじゃいますっ!