ratoblo

色々書いていきます

MENU

膝前十字靱帯断裂の恐怖... 体験者は語るよ~。

私は今現在、術後5カ月です。

サッカー、U―20W杯韓国大会に出場しているU―20日本代表FW小川航基(19)が、左膝前十字靱帯断裂と左膝半月板損傷を負い長期離脱することになった。

U―20日本代表エース・小川航基が長期離脱へ 左膝前十字靱帯断裂、半月板損傷 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

とのニュースを読みました。

この世代代表には、世界トップのクラブチームであるFCバルセロナに、幼いころから才能を認められ現在はFC東京に所属している久保建英選手(15歳)がいる事で注目していますが、この小川選手はエースとして活躍が期待されていただけに残念です。

前十字靱帯断裂

ところで、この前十字靱帯裂なんですが、

かなり厄介です。

スポーツ中によく起こるのでスポーツ外傷として有名で、特に

  • サッカー
  • バレー
  • バスケ
  • ラグビー

等の、急激な方向変換やジャンプ動作の多い競技で受傷しやすいです。

私もサッカーでやっちゃいました。

かなり厄介と書いた訳は、このケガはスポーツをするなら手術が不可避だからです。

前十字靱帯とは

f:id:ratoblo:20170525174311j:plain

赤斜線の所です。右膝を前から見ています。

膝にある靱帯で、太ももの骨(大腿骨)とスネの骨(脛骨)を繋いでおり脛骨が前方に飛び出たり、捻るのを制御してくれる役割があります。

切れてしまった前十字靱帯は、

繋がりません。

切れたままです。

つまり、手術しないでそのまま放置していたら膝がグラグラしてしまいます。

高齢者や活動度が低い人なら、手術しないで装具だけ着けて日常生活くらいなら可能です。それでも、軟骨を傷めたりする危険性はありますけど...。

スポーツをするなら手術をする必要があります。

手術

この手術は、靱帯再建術といって『太ももの裏の腱を採ってきて、折りたたんで強度を強くしてから前十字靱帯の代わりになるようにピンで留める』というものが一般的です。最近では自分の靱帯を繋げて補強する手術も出てきていますが、まだ一般的ではありません。

回復

この移植した靱帯ですが、十分な強度になるまでに半年以上かかります。

その為、早い段階で無理な動きをしたりすると

ブチッ

とまた切れちゃいます。オソロシヤ...

その為、競技復帰には早くて6カ月、遅くて8カ月を要します。

しかもその間、ハードなリハビリをこなさなければならず、根気がいります。

私も現在、リハビリ中です。(全て自己リハビリで挑戦中!)

前十字靱帯断裂したスポーツ選手

f:id:ratoblo:20170326170914j:plain

この記事を読んでいるそこの当事者仲間!落ち込むことはないよ!

ほとんどの場合、ちゃんと競技復帰できていますから!!

  • 柔道:野村忠宏
  • 相撲:高見盛
  • サッカー:稲本潤一
  • サッカー:ロナウド(元ブラジル代表の方)
  • フィギュアスケート:高橋大輔

等など。いっぱいいます。

中には、切れたままオリンピックに出場し、金メダルを取るつわものもいます。

つわものと言うよりは怪物です。

*太ももの裏のハムストリングスという筋肉が前十字靱帯のと同じような機能があり、これが圧倒的に強い場合にしかできません。

最後に

つまり、かなりキツイけどちゃんとやればまた競技復帰できるよ!

って事です。

靱帯がちゃんとなるまでに2年くらいかかるので、その間は特に気を引き締めながら競技しなければなりませんけどね。

私も、来月MRIを撮って、その後で多分、

競技復帰の許可がもらえるはずなので、頑張っていこうと思います。

実際の復帰は8月あたりを考えていますが、またその辺りで闘病記でも書いていこうかなと思います。

専門&当事者という事もあり、書きたいことが多いせいで逆に書けていないので、いずれ時間を取って内容の濃い記事にしようと計画中です!

 

 

*ブログランキングに参加しました~♪

よければ、応援よろしくお願いします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ