ratoblo

色々書いていきます

MENU

ぺヤングの変わり種 『ぺヤング背脂MAX』を食べてしまった。

コンビニやスーパーに変わったカップ焼きそばがあると買わずにはいられないノータです。休日の昼御飯にちょうどいいんですよね。

 今日の昼御飯にいただきました~

ダイエットだなんだ言っているくせに。

 

ratoblo.hatenablog.jp

 

 過去には

  • にんにくMAX
  • ショートケーキ味
  • わかめMAX
  • チョコレート味
  • パクチーMAX

などなど、様々な変わり種商品を出しているぺヤングですが、今回は

背脂MAX

という、シンプルかつ恐ろしい商品を出してきました。

ぺヤング 背脂MAXやきそば

 

画像:公式ホームページより

f:id:ratoblo:20170506162342p:plain

なんということでしょう。

シンプルな色使いで構成されたパッケージから、信じられないくらいにまがまがしい背脂感が漂っています。まさしく背脂MAX!!!!

文字を脳内で読んでいるのに、野太い声で読みたくなります。

このパッケージをデザインした人は天才です。食品なのに、「美味しそうに見せる」という固定概念を完全無視してきました。

このパッケージから伝わるのは、「背脂」のみです。蓋を開けて、麺が入っていなくてもそれはそれで成立してしまいそうな勢いがあります。

 

 

内容物

内容は、麺・かやく・ソースと普通です。

背脂だけの袋が付いているのかと思ったけど、期待はずれでした。

 

  1. 蓋を線まであけます
  2. かやく・ソースを取り出します
  3. かやくを入れます
  4. お湯を注ぎます
  5. ソースを蓋の上で温めます(ポイント)
  6. 3分待ちます
  7. お湯を切ります
  8. ソースをかけます

f:id:ratoblo:20170506164436j:plain

これ、ソースですか?

ただの背脂じゃないですか?

背脂の池になっています。

f:id:ratoblo:20170506164530j:plain

最後にようやくソースらしきものが、背脂につつまれた状態で出てきました。

前言撤回します。

背脂だけの袋が付いているのかと思ったけど、期待はずれでした。

このソースの袋、持つと見た目以上の重さで、重さからもカロリーを計り知ることができます。

 

混ぜます。

f:id:ratoblo:20170506164902j:plain

混ぜているんですよ?

納豆なら間違いなく、魯山人も納得レベルに混ぜています。

麺に絡まりきれない背脂がこんなに!!

実食

さぁ、食べましょう。

ふぅ...

一口いくまでに一呼吸が必要です。

パクッ。

 

背脂っ”!!!!!

うまいのはうまい!でも背脂が凄い!!!

『せあぶら』と『うまい』で、せまいっ!

せまいっ!!

 

でも、二口目からは脂に慣れたんでしょうか、普通にうまい。

うん。うまい。

脂が凄いので喉の通りもすこぶるヨロシイ!

スルスルと簡単に食べ終わりました。

f:id:ratoblo:20170506165604j:plain

頑張って背脂を絡めながら食べたのですが、それでもこんなに残りました。

麺を半分ほど食べたところで追い飯を投入すれば、丁度いいかもしれません。

 

ぺヤング背脂MAXやきそばは、脂に溺れる。

恋に溺れたら既婚者は大変なことになるけど、脂に溺れるのなら安全。

 

成分

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(動物油脂、植物油脂、しょうゆ、ポークエキス、糖類、チキンエキス、ガラスープ、食塩、でん粉、ガーリックペースト)、かやく(メンマ、ねぎ、ナルト)、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘剤(グァーガム)、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、パプリカ色素、クチナシ色素、ビタミンB₂、ベニコウジ色素、(原材料の一部にごま、大豆、ゼラチンを含む)

 

カロリー:696kcal

脂質:44.7g

!?!?!?

栄養成分やばい

脂質44.7gですと?

脂質って、1gで9kcalなんですよ。

つまり脂質だけで

402.3kcal!!

約6割も!!!

まさに

背脂MAX

名に恥じない堂々とした非健康指向!!!

あの小さなソース袋に、とんでもないカロリーの化け物が潜んでいました。