ratoblo

色々書いていきます

MENU

ハイヒールの良し悪し足悪し。あなたにも当てはまる!?

どうも、ノータです。

昨日の記事で赤ちゃん・子供のヒールについて書いたんですが、大人はどうなの?って事で大人パターンを書いていきますね。

 子供については昨日書いた記事を読んでください。

 

ratoblo.hatenablog.jp

ハイヒール

 

f:id:ratoblo:20170406155924j:plain

ところで、ハイヒールの利点と欠点って知っていますか?女性ならほとんどの人が履いたことはあると思いますが、いい事もあれば悪いこともあるんです。

利点

 

足が細く長く見える

ハイヒールを履くことにより足の甲が正面からも見えるようになり、足首との境目がはっきりしなくなるので足長効果があります。

また、つま先に体重が乗るのでふくらはぎの筋肉が常に使われた状態になります。その為、ふくらはぎがキュッと上にあがって引き締まります。

背が高くなる

そのままですね。高いヒールの分だけ、身長も高くなります。身長が低い事をコンプレックスに思っている女性も多いみたいですね。153cmの人も7cmのヒールを履けば160cmになります。

自然と胸を張って歩ける

ハイヒールを履くと、自然と胸を張ったような姿勢になります。胸を張って歩くと、これまた自然と顔を上げて歩くようになります。精神的な面もあるようですね。

f:id:ratoblo:20170406161205p:plain

つまり

見た目

とにもかくにも見た目がよくなるのがハイヒールです。

*医療関係者向けに言うと、下垂足の人には歩行の補助にもなります。

欠点

外反母趾・内反小趾

f:id:ratoblo:20170406162231j:plain

出典:外反母趾 - Wikipedia*内反小趾も併発

よく聞くと思います。

親指がくの字に変形して小指が>の字に変形していますね。

ハイヒールでは、靴底が斜面になっているから足が前方滑りしちゃうんです。だからつま先部分に体重がゴリゴリかかっちゃいます。

きっと、こんな素敵なハイヒールを履いていた事でしょう。

f:id:ratoblo:20170406163534j:plain

出典:外反母趾 - Wikipedia

むくみやすい

ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)が常に収縮(縮んだ)状態にあるので、血流が悪くなります。ふくらはぎの筋肉は第二の心臓と呼ばれるくらい血液の循環に重要な役割をしています。

腰痛の原因

これで悩んでいる人も多いんじゃないですかね。

ハイヒールを履くと、骨盤が前に倒れて腰が反ってしまいます。この姿勢は海外セレブとかがよくしているセクシー姿勢なんですが、腰痛発生姿勢でもあります。

どうすればいいか?

→腹筋を鍛えれば結構大丈夫

ネンザしやすい

つま先が下を向いた状態だと、足首の関節のはまりが浅くなってしまうので構造的に不安定になります。さらには重心が高くなるし、地面についている部分は狭いしでネンザのリスクは高まります。9cm以上のデスヒールでひねったらネンザどころじゃ済まなそうだけど...韓流アイドルやばし!!

足の裏にシビレが

つま先にほとんどの体重が乗り、親指が捻られるので、その部分にある固有底側趾神経を圧迫してしまいます。外反母趾と関係があります。モートン病と呼ばれます。

f:id:ratoblo:20170406173107j:plain

出典:フィットネスの勧め 体に関して

逆にダサいことにも...

ハイヒールを履いている大多数の人が、履きこなせていません。特に履き始めの若い女の子なんて、膝が曲がってまぁオブスな歩き方をしていますね。

ハイヒール着用時のポイントは一言で言うと

裸足で立っている時と同じ姿勢を心がける

です。具体的に言うと

  1. 重心をつま先ではなく足の真ん中に来るように
  2. 腹筋を意識し、腰を反らない
  3. 内またを閉める
  4. 顎を引く(二重あごを作るような動き)

ハイヒールじゃないけど、バレリーナが美しい姿勢をしているのは鍛えられているからです。

f:id:ratoblo:20170406171542j:plain

 

まとめ

ハイヒールは、美しく見せたい大人の女性の履物。美的効果は抜群!!

ただし、履くためには努力が必要。でなければ逆にダサくなっちゃうし、悪ければ体を壊してしまう。